本物のプラセンタ種類

種類

 

プラセンタと言ってもどの胎盤から抽出したものかによって種類は変わってきます。
そこでプラセンタの種類について紹介していきたいと思います。

 

ヒトプラセンタ
人間の胎盤から抽出したものです。
提携している産婦人科から健全な正常分娩した人の胎盤を使っています。
ヒトプラセンタだけは治療目的として使われていて医療機関やクリニックでの注射のみの扱いになります。

 

今まで何も大きな事例はありませんが人由来の臓器から製造されていることから理論上リスクが否定できないとされている。
そのためプラセンタ注射をしたことで献血をすることは禁止されています。
主に肝機能障害や更年期障害の治療目的とされているプラセンタ注射、効果には即効性があるようです。

 

馬プラセンタ
馬の胎盤から抽出したものです。
今プラセンタの中で人気が高く、注目もされているのが馬プラセンタです。
馬は1年に1回の出産でしかも1頭しか産みません。
そのため馬の胎盤は厚みが厚くそこに栄養素がぎっしり残っているとされているのです。
また馬事体が感染などに強くワクチンなど接種していないので安全であるとされています。
アミノ酸量が豊富で、人間が体内で作ることのできない必須アミノ酸を含んでいる点も人気の秘密です。

 

値段的には少し高めな物もありますが安心・高品質が注目されているようです。

 

豚プラセンタ
豚の胎盤から抽出したものです。
馬と違って豚は1年に数回出産をするため胎盤が手に入りやすい状態となっています。
そのためコスト的に手軽な値段で提供ができるため、プラセンタ市場1番メジャーです。
ネットをはじめ、プラセンタとつくものには意外に豚プラセンタが使われているものが多くあるのです。
私たち人間の組織と似ているため体になじみやすいようで根強い人気です。

 

しかしながら豚の飼育環境に懸念の声もあります。
豚は多頭飼いなので感染や病気にならないようにワクチン接種などを行っているといわれています。
そのため安全面が心配されます。
今ではSPF豚と言って徹底した管理のもとで育てられている豚がいるのでその豚を使っているかどうかチェックすることをお勧めします。

 

羊プラセンタ
羊の胎盤から抽出したものです。
羊は病気に強く安全な動物とされています。
しかしながら国産の物がないため海外輸入に頼っています。
そのためしっかりとした厳しい検査を受けての輸入になります。
値段も高めとなってるので、あまりメジャーではないようです。

 

それでも効果の高さから海外セレブや有名人からの人気は高いのが羊プラセンタなのです。

 

どれをとっても真のプラセンタといえるでしょう。
動物という点で心配や不安に思う方もいるかもしれません。
でも副作用として事例が報告されているものはありません。